No.8 傷病者の横に座る

8

傷病者の肩と自分の正中の位置が合わさる所に座りましょう。

この位置が心肺蘇生法を実施するときに、胸骨圧迫と人工呼吸を移動することなく効率的にできるベストなポジションになります。

座る位置は、傷病者の右側でも左側でもどちらでもかまいませんが、 事故現場では、二次災害防止のため危険側に背中を向けて座ってはダメです。いつでも危険を察知できる位置に座りましょう。

*正中~身体を縦に二等分する線。

©2021 COLT

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました