No.9 おでこを押さえる

8

手で傷病者に触れることで、呼びかけるだけでは知ることのできない傷病者の体温、発汗、冷汗などの情報を知ることが可能になります。

おでこを押さえることで、傷病者が不意に起き上がって、頭をぶつけるなどの事故を防止することができます。

また、おでこを押さえた状態は、人工呼吸を行うときの手のポジションになります。この状態から人差指と親指で傷病者の鼻を摘まんで、人工 呼吸を行います。

©2021 COLT

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました