No.20 胸骨圧迫の姿勢

20

胸骨圧迫を効果的に行うには、圧迫する力が心臓に対して、垂直に加わることが大切です。

腰をグイッと入れて肘を伸ばし、つま先を立てることで、体重をうまく利用することができ、効果的な姿勢を作ることが可能になります。

胸骨圧迫 は、救急隊が到着するまで継続しなくてはなりません。救急隊の到着が遅れることもあります。

正しい姿勢は、胸骨圧迫を長時間行う場合の、体力の消耗を最小限にします。

©2021 COLT

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました