No.61 気道異物の除去

61

気道異物で怖いのは窒息になることです。窒息への対応はまず、気づくことです。

窒息している人は手でのどをつかむ仕草をします。これを「窒息のサイン」と言います。

そして、素早く異物の除去を行うことです。背部突き上げ法と背部叩打法の2つの方法を意 識が無くなるまで続けましょう。

傷病者がぐったりとして反応が無くなったら、心肺蘇生法を行ってください。

胸骨圧迫を行ったときや人工呼吸を行ったときに、異物が飛び出すこともあります ので、途中で異物が見えたら取り除きましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました