No.39 電気ショック

39

4コマのように、電気ショックを行うときは、周囲の人に必ず 。「電気ショックを行います、離れてください。」と言って、周知しましょう。

誰も傷病者に触れていないことを確認してから、 ショックボタンを押しましょう。

また、離れていても傷病者が水で濡れていたり、金属類などで傷病者と繋がっていたりすると、感電してしまいます。

ただ、傷病者に触れなければ大丈夫かと言うと、電気は飛びますので十分な離間距離を取って安全を確実に確保しておきましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました