No.58 体位管理・腹臥位

58

腹臥位とは、横ばいの状態で顔を横向きにした体位です。

嘔吐していたり、嘔吐の可能性があるとき、背中などに外傷がある傷病者に適した体位です。

床面との接地面が広く安定するため、緊張感が少なく、舌根沈下による気道閉塞も防ぐことができます。

しかし、長時間この体位をとっていると、胸や腹部が体重で圧迫され、呼吸運動や安楽が妨げられるので、クッションや枕などを敷いて調整しましょう。

また、看護や介護で床ずれ部分を避けたり、膝関節や股関節を伸ばすのに効果的です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました